ホーム > ビジネス > やはり只者ではなかったようです

やはり只者ではなかったようです

サッカー日本代表監督のアギーレ氏が噂通りスペインで告発されたようですが、
裁判所に出頭する必要があるのは2月になってからだということですから、アジアカップには問題ないということですが、
やはりアギーレ氏は只者ではなかったようです。
試合中に水本をびんたした頃からなんとなく危なそうだと思っていたのですが、
告発されてもなんとも思わないような国民性なのかは知りませんが、
メキシコ人のボクサーのタフない戦い方や、なぜか緊張感などどこ吹く風とニコニコしながら入場してくるシーンをよく見るのですが、
それがメキシコの男らしさだとすると、八百長で告発されようが白黒ハッキリするまで平気な顔してるのが、
メキシコ人らしさなのではないかと思えてきます。
まあ政治家でもないので世間を騒がせたといって責任などとらないていいわけですから、
クロと認定されるまでは推定無罪が適用されるので辞任とか言う話にならないと思います。
見てるとたとえクロでも俺は辞めないぞ見たいな感じな人なので、この先どうなるのか興味はつきませんが、
協会の方はいつでも解任出来ますから監督の挿げ替えるのは簡単そうなのでその点は心配してないと思います。
最後は協会側の誰が混乱の責任を取るのかってことですが、人材もいないのでまさか会長辞任とまではならないと思いますが、
呼んで来た張本人である原氏は覚悟を決めてると思います。
http://www.downtowngridironclub.com/


関連記事

  1. やはり只者ではなかったようです

    サッカー日本代表監督のアギーレ氏が噂通りスペインで告発されたようですが、 裁判所...

  2. テスト

    テスト記事です。...